華胡のこと

今日は華胡の誕生日
だから華ちゃんの話をしましょう

華胡と出会ったのは去年の夏
いつもは行かない駅ビルの一角にあったショップに華胡はいた
その日は二人で出かけてて、本当にたまたまそこを通りかかって目にとまった
とてもきれいなベンガルの女の子
生後5ヶ月で少し育ってしまった、言葉は悪いけど売れ残り
聞けば可愛い盛りの頃は病気の治療で展示してなかったそうで…
治ってからも話しはあっても決まらないまま大きくなってしまったとのこと
抱かせてもらったら、ビロードのような被毛でしなやかな体と愛らしい眼
二人とも手放せなくなってしまった(≧∇≦)
とりあえずその日は帰宅して冷静になろうと保留
それまで多頭飼いなんて考えたこともなかったのに、気づけば名前を考えている私たちがいたwww
急いでお迎えの準備をして翌週には契約してた
そのころは毎日がとても楽しかった♩
多頭飼いは経験がなかったから正直不安もあったけれど、絶対なんとかする!って思ってた

胡次郎と隔離してゆっくりゆっくり慣れてもらおうと思ってた

華胡は私のことが大好きみたいで、座ると必ず乗ってくる子だった

可愛くて可愛くて私たちは目じりが下がりっぱなし(^_^;)

我が家にきて一ヵ月、秋になり私が遅い夏休みをとるタイミングで避妊手術の予約をいれていた

一週間ずっと一緒にいてケアできると思ってた


予約の日、絶食した華胡をつれショップに併設された病院に連れていった

術前検査をして手術は午後には終わるという話だった

ところが帰宅して2時間くらいで病院から電話があった

血液検査の結果が思わしくないという 院長先生の話だとたんぱく価が異常に高い

嫌な予感・・・・6か月の月齢とこの検査結果からおそらくFIPではないかと・・・

いろんなブログで見たからFIPの知識はそこそこあったので先生の話はちゃんと理解できた

華胡が絶望的状態ってこともわかってしまった自分が悲しかった

手術は当然中止でそのまま治療に入ることになり、華胡をむかえに行った

その日は涙が止まらなかった

ずーっと泣いてる私を見上げる華胡の眼は信頼しきっているのがみえる

治療といっても症状を緩和して延命することしかできない病気

ならば少しでも華胡がご機嫌で過ごせるように看病する決心をした

毎朝3時起床して華胡の投薬、状態によって仕事を休み病院につれていく

私たちとFIPとの闘いが始まった

華胡はドライタイプで腹水も胸水もなかったから苦しそうな様子はなかったのが救いだった

神経症状がでて、フラつくことはあってもほとんどの時間はご機嫌で過ごしてくれていた

食欲もあり最初のうちは本当に病気なのかと思ったくらいだった

だから動けるうちは部屋の中を自由に遊ばせようと隔離をやめて胡次郎と対面させた

幸いケンカもせず、お互いの存在を認めてくれたのでよかった

元気な年下の女の子にタジタジのお兄ちゃんという感じだった

FIPは1歳未満の子猫に多く発症し、ほとんどが1か月ももたずに死んでしまう病気

華胡は病気がわかってから1か月半頑張ってくれた

頭のいい子だったから投薬は大変だったけど・・・嫌なことをする私たちのことをそれでも信頼してくれてるようだった

最期は私の腕の中で・・・・

駆け足でお空に帰ってしまった華ちゃん

3か月しか一緒にいられなかったけれど、その時間はとても濃いものだったと思う


華ちゃん、お誕生日おめでとう

パパもママもずーっと華ちゃんのことが大好きだからね

たまには戻ってきてね

待ってるから

ターのままの猫徒然

ソマリとラガマフィンの猫息子達と猫歴20年のままの日々 時々天使になった家族のことも(^_^;) 最近新たに家族が増え賑やかになっています。

4コメント

  • 1000 / 1000

  • ターのまま

    2017.10.11 03:52

    @ピアノと猫とかなみ先生のブログ暖かいコメントをありがとうございます。 コミュニケーションのことも読んでくださったのですね。華胡はきっと生まれ変わっていると思います。 私の悲しみが深く、なかなか側を離れることができなかったけれど(^_^;) 今は三にゃんのことで毎日大騒ぎですので華胡も安心してると思います。 いつか虹の橋で再会できることを信じています。
  • 今日の投稿を見て、今見付けました。悲しみが深いですね。私も沢山ありましたので、お気持ちお察し致します。美しい可愛い華胡ちゃん。目に焼き付けておきます。きっともうライオンになっているかなー?
  • ターのまま

    2016.03.20 12:38

    めんふくろういぬ2様 華胡のこと、読んでくださってありがとうございました。 大切な娘です。褒めてくださってとてもうれしいです(^^ ベンガルは本当に美しい猫ですよね。めったにショップには出ないようです。 出てもとてもお値段が・・・・ ブリーダーさん数人に会いましたが、出会いはありませんでした。 華胡はオンリーワンだったということなんでしょうね。 本当に今、3にゃんがいたらと主人とも話しています(^^; どんなに・・・大騒ぎになったことでしょうwww それは想像でしかない生活ですが、たまには思ってもいいかな。